日本CHO協会とは

会長ご挨拶

真瀬 宏司
日本CIO協会 会長

「経営とITの融合」の重要性が叫ばれて久しいなか、IT戦略の如何は企業の将来を大きく左右する時代となってきました。

とりわけ、テクノロジーのオープン化やマルチベンダーユースによる高難度化、あるいは社会問題化する個人情報保護・情報セキュリティー、経営課題として高まるCSRの問題等々、昨今の企業経営とITを取り巻く環境はますます複雑かつ高度化しており、「経営とITの融合」の必要性はさらに高まってまいりました。

それに伴い、情報システムの最高責任者であるCIO(Chief Information Officer)の役割はますます重要となっています。

しかし、日本ではCIOの役割や責務の認知があいまいであることが多く、その高い重要性にもかかわらず多くの企業が専任をおいておらず、CIOというポジション自体も設置していない企業も見受けられます。

本協会では、日本を代表する企業のCIOまたはCIOに準ずる方を対象に、セミナーやコミュニケーションの場を提供することで、CIOの相互研鑚と人材育成、社会的認知向上をはかり、国が推進するe-Japan構想への提言、高度IT人材の育成などを目的とした活動を行なってまいります。

また、この会を通じて参加者の方々同士の交流が深まり、そして「スタッフの方々へのスキルアップ等に役立った」という声が聞けるような意義深い会になるよう、最大の努力をさせていただきます。

是非、皆様方の積極的なご参画をお願い申し上げます。

日本CHO協会とは